廃棄物処理・リサイクル「安心・安全」の全国ネットワーク

Tel03-5643-7222

お気軽にお問い合わせ下さい
平日9:30~18:30

株式会社キヨスミ産研

山形 / 収集運搬~中間処理~最終処分 一般廃棄物・産業廃棄物

未来が見える企業 ~私たちは、どこまでも 環境について考えます。~

編集部よりひとこと

山形県内で唯一の収集運搬から最終処分(管理型)までの一連の流れを行える会社。発泡スチロールのリサイクル処理に一日の長がある。2005年に完成した「エコモンスター」は最新の技術を駆使した焼却溶融設備。今後、環境報告書の提出や地域活動など、さらなる環境改善活動の発展を期待したい。

コンプライアンス ★★★☆☆
情報開示 ★★★☆☆
環境保全への取り組み ★★★★★
品質向上への取り組み ★★★☆☆
労働安全衛生管理 ☆☆☆☆☆

一元管理のシステムで、安心、安全を守ります

焼却炉のメンテナンスをする施設管理部の 小野嶋さん
ごみピットは臭気対策のため、搬入時以外は 閉めてあります
焼却炉の運転管理には写真付きのマニュ アル が整備されています
処分場の水処理施設で働く施設管理部の山口 さんです

スタッフからのメッセージ(動画)と 新着情報

ESJマネージャーより

弊社では、早くから発泡スチロールの中間処理を開始し、リサイクル業務を続けておりました。そして平成17年には焼却溶融施設「エコモンスター」を完成させ、さらなるゼロエミッションへの挑戦を続け、豊かな自然と美しい環境をいつまでも大切にして参ります。建築物の解体と解体に伴う廃棄物の処分・リサイクルもお任せください。

連絡先
(ESJマネージャー)

統括本部 富塚 充までご連絡ください。
TEL:023-646-7306
Email:m-tomitsuka@kiyosumisanken.co.jp

処理・リサイクル情報

排出状況の例 ■建設現場から排出される各種廃材・汚泥など
■工場から排出される廃プラ・金属くずなど
■解体現場から排出される木くず・アスベストなど
■家庭から排出される一般ごみ・粗大ごみなど
主要取引先 山形県、山形市、リテールシステムサービス、東日本旅客鉄道、レオパレス21、積水ハウス、鹿島建設、竹中工務店、大成建設、安藤建設、大林組、日産自動車、東北電力、メイコー、コバレントマテリアル、新港リサイクル、自治医科大学、病院、開業医
ほか
処理・
リサイクルは
どのように?
■焼却灰はガラス質のスラグになり、骨材や資材として利用可能(マテリアルリサイクル)
■炉を冷やす冷却水を熱交換し、搬入口の溶雪、給湯に使用(サーマルリサイクル)
 ※排ガスは二次燃焼
[中間処理場]
■破砕
■圧縮
■選別
[前明石事業所]
■減容固化
[最終処分場]
■完全密閉廃水遮断シート完備
品質向上に
向けて
循環型社会のサイクルの一役を担う企業を目指して、最終処分場に頼らない処理の確立を目指しています。
マニフェスト
管理について
紙と電子マニフェストをコンピュータ管理しています。
アピール
ポイントは
一般・産廃・特別管理産廃までの収集運搬・中間処理・最終処分まで、情報の一元管理を実現しています。
平成16年にISO14001認証を取得しております。事前に申し込みいただければ施設見学も可能です。
表彰歴など

会社情報

情報開示

■産廃情報ネット
自社ホームページ

事業内容 ■一般廃棄物、収集運搬~最終処分
■産業廃棄物、収集運搬~最終処分
■特別管理産業廃棄物収集運搬、中間処理、最終処分
■公共事業委託業務
■発泡スチロールリサイクル業務
■肥料及び飼料の販売業務
■一般建設業
本社所在地 山形県山形市鋳物町3番地
TEL 023-646-7306
設立 1971年9月30日
代表者 堀切勇真
資本金 3,000万円
売上高 16億円
従業員数 65名
ドライバー数 20名
車両台数 31台
事業所 本社、前明石事業所、半郷事業所、中山事業所
関連会社 東北三共有機株式会社、有限会社千代田産業
対応品目 廃プラスチック、木くず、紙くず、燃え殻、汚泥、廃酸、廃油、廃アルカリ、ゴムくず、金属くず、繊維くず、動植物性残渣、ガラス及び陶磁器くず、鉱さい、ばいじん、13号廃棄物
※詳細につきましてはHPにてご確認頂くか、直接お問い合わせください。
対応エリア [一般廃棄物]
山形市、中山町
[産業廃棄物]
山形県、宮城県、仙台市、岩手県、盛岡市
※詳細につきましてはHPにてご確認頂くか、直接お問い合わせください。
処理方法 収集運搬、中間処理(焼却、選別、破砕、圧縮、発泡スチロール減容固化)、
最終処分(管理型埋立)

ログイン