廃棄物処理・リサイクル「安心・安全」の全国ネットワーク

Tel03-5643-7222

お気軽にお問い合わせ下さい
平日9:30~17:30

株式会社吉勝重建

【ESJ北信越】福井県 / 収集運搬,中間処理(破砕・焼却・RPFなど)

子ども達の未来に、私たちができること・・・ ~ひとりひとりの力の共働が大きな流れとなる~

編集部よりひとこと

コンプライアンス ☆☆☆☆☆
情報開示 ☆☆☆☆☆
環境保全への取り組み ☆☆☆☆☆
品質向上への取り組み ☆☆☆☆☆
労働安全衛生管理 ☆☆☆☆☆

解体から産廃まで、すべてお任せ下さい。

現場解体の様子。自社所有の超ロングブーム、セミロングブーム、クラッシャー等。機動力あり!
処分場部会の様子
金津営業所
三国営業所(がれき破砕機)

スタッフからのメッセージ(動画)と 新着情報

ESJマネージャーより

創業当初は、スクラップ回収を原点として、現在では、解体工事と産業廃棄物処理の両事業を展開し、北陸圏を中心に、全国を商圏とした業務を展開しています。中間処理場を福井県に2箇所、滋賀県に1箇所を擁しています。解体工事も廃棄物処理も常に危険が伴う業務です。今日、高度経済成長期に建設された建物は老朽化を迎え、新幹線関連工事や都市再開発等、解体工事業者・廃棄物処理業者としましては、更なる業務拡大が見込まれる一方で、人員不足が大きな課題となっています。弊社にもその皺寄せはきています。だからこそ、今一度「安全第一の徹底」を再確認し、現場から発生した建設副産物を適正処理することで、未来の子ども達へ美しい地球を残していくことが課せられた使命であると考えています。

連絡先
(ESJマネージャー)

環境対策室 室長代理 中村 秀太郎
TEL:080-6363-2732
Email:h-nakamura@kitisyo.co.jp

処理・リサイクル情報

排出状況の例 ・解体現場(家屋、倉庫、車庫、学校、病院、工場等)から発生する廃材(木くず、
 石膏ボード、廃プラスチック類、「ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器く
 ず、がれき類等)
・斫り工事によって発生するがれき類
・アスベスト除去工事によって発生する石綿含有産業廃棄物
・煙突、焼却炉解体現場から発生する廃材(「ガラスくず、コンクリートくず及び
 陶磁器くず」等) 等
主要取引先 【官公庁】福井県、福井市企業局、あわら市、坂井市、鯖江市 等
【建築他】大和ハウス工業㈱、大成建設㈱、清水建設㈱、飛島建設㈱、東洋紡エン
     ジニアリング㈱、㈱熊谷組、㈱バウハウス丸栄、サイト建設㈱、戸田建
     設㈱  他
処理・
リサイクルは
どのように?
廃プラスチック類・・・圧縮作業後、県外安定型最終処分場へ
紙くず・・・選別後、他の業者へ売却
木くず・・・破砕後、燃料チップとして他の業者へ売却
「ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず」・・・選別後、県外安定型最終
処分場へがれき類・・・コンクリート破砕後、建設業者へ。リサイクルできないも
のは安定型最終処分場へ
金属くず・・・選別後、他の業者へ売却
石膏ボード・・・破砕(石膏粉と紙くず)後、県外業者へ
品質向上に
向けて
現場、処分場では作業開始前に必ずKY活動を行い、危機意識を向上させています。
事故防止の月1回のグループ会議または専門部会(オペ、内装、ダンプ、処分場)
の開催により、事故防止のための教育や勉強会を実施し、知識を深めています。
CSR活動として、「ビーチクリーン大作戦」を行い、清掃活動にも取り組んでいます。 
マニフェスト
管理について
マニフェスト管理システムを導入しています。
電子マニフェストにも対応しています。
アピール
ポイントは
全車両にドライブレコーダーを設置し、運転手の安全運転に勤めています。
全国各地で解体工事の実績を積み、経験豊富であるため、解体工法や廃棄物処理
のご提案ができます。
表彰歴など 平成13年6月 (社)全国解体工事業団体連合会より表彰(同年4月に全国で初め
てダイオキシン除去工事を施工、技術提供等)
平成13年7月 福井市より感謝状(福井市中藤小学校プール)
平成22年9月 永平寺町より感謝状(永平寺町松岡小学校屋内運動場)
他、無事故無災害、安全衛生活動、等で表彰される。
また、ソフトボール大会の表彰も多数(市、県、北信越、全国)

会社情報

情報開示

http://www.kitisyo.co.jp/

事業内容 1.構造物総合解体工事
 ・建物解体工事 
 ・内装解体工事
 ・斫り工事
 ・アスベスト除去工事
 ・廃棄物焼却炉解体工事(ダイオキシン対応)
2.産業廃棄物収集運搬
3.産業廃棄物処分
4.土木工事業、とび・土工工事業、鋼構造物工事業
※平成28年6月の建設業法改正に伴い、解体工事業の許可取得済
本社所在地 福井県福井市春山2丁目18番24号
TEL 0776-22-5256
設立 1988年12月1日
代表者 代表取締役 矢野 智孝
資本金 2000万円
売上高 49億円
従業員数 216名
ドライバー数 117名
車両台数 119台
事業所 【本社】〒910-0019 福井県福井市春山2丁目18番24号
【本店】〒910-0273 福井県坂井市丸岡町長畝第75号18番地1
【滋賀支店】〒526-0803 滋賀県長浜市西上坂町147-4
【神戸支店】〒653-0033 兵庫県神戸市長田区苅藻島町3丁目8-18
【金津営業所】〒919-0737 福井県あわら市権世4-2
【三国営業所】〒913-0001 福井県坂井市三国町池上86-71
【大野営業所】〒912-0047 福井県大野市幸町4-4
【金沢営業所】〒920-0377 石川県金沢市打木町西214番地
【東京営業所】〒157-0071 東京都世田谷区千歳台5-17-21
関連会社
対応品目 資源(古紙、プラ等)系,金属くず(スクラップ)系,建設系
対応エリア 【産業廃棄物収集運搬】
宮城県、埼玉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、和歌山県、奈良県、兵庫県、岡山県、山口県
【特管物収集運搬】
石川県、福井県、岐阜県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県
※品目、地域によって許可内容が異なるため、事前にお問い合わせ下さい。
処理方法 【福井県】
選別:廃プラスチック類、紙くず、木くず、金属くず、「ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず」、がれき類
破砕:紙くず、木くず、金属くず、「ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず」、がれき類
焼却:廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず
圧縮:廃プラスチック類
最終処分:廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、「ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず」、がれき類
※最終処分を行う弊社安定型最終処分場は、昨年末をもって容量満杯。現在は廃棄物受入なし。
【滋賀県】
選別:廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず、金属くず、「ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず」、がれき類

ログイン