廃棄物処理・リサイクル「安心・安全」の全国ネットワーク

Tel03-5643-7222

お気軽にお問い合わせ下さい
平日9:30~18:30

フロンティアグループ

長野 / 収集運搬~中間処理 産業廃棄物

一旦使命を終えた産業廃棄物に更に命を与え資源とすることを使命とします。

編集部よりひとこと

地域のことや建設業界や産廃の知識も豊富であり、社内の情報共有にも力を入れている会社。収集運搬に関しては、長野県を中心に建築廃棄物から一般廃棄物まで幅広く対応している。また、中間処理については、焼却がメインであるものの、ダイオキシン類の排出抑制のために、定期的な施設管理及び処理前分別に努めている。

コンプライアンス ★★★☆☆
情報開示 ★★★☆☆
環境保全への取り組み ★★★☆☆
品質向上への取り組み ★★★☆☆
労働安全衛生管理 ★★★☆☆

Next Eco 次世代の環境を目指して地球を舞台に美をクリエイト

長野県内有数の焼却施設 ダイオキシン対策も万全です。
7都道府県で産業廃棄物の収集・運搬許可を有しています。
事務所の中の様子
排出事業者との契約書はこんな感じて管理されています。

スタッフからのメッセージ(動画)と 新着情報

ESJマネージャーより

当グループでは、一般廃棄物、産業廃棄物、特別管理産業廃棄物の収集運搬及び中間処理、リサイクル事業及び建造物解体事業者として、地域社会との協調に努め循環型社会の一員として次世代へより良い環境財産を継承していくことをフロンティアグループの全社員が一丸となり人・地域・自然・地球環境にやさしい企業を目指しております。

連絡先
(ESJマネージャー)

環境管理本部環境部 部長 平林 正幸
TEL:0263-40-0530
Email:risaikuru@po.mcci.or.jp

処理・リサイクル情報

排出状況の例 ■建設現場などから出るガラスくず、コンクリートくずなど
■建設現場、企業などから出る廃プラスチック、木くずなど
■建設現場、企業などから出る紙くず、繊維くずなど
主要取引先 大手ゼネコン、長野県中信地区の建設会社など
処理・
リサイクルは
どのように?
■建築廃材のリサイクル
▼処理
 木くず、コンクリートがら、アスファルトがら、廃石膏ボード→破砕処理
 燃え殻→焼成
 廃プラスチック、木くず、繊維くず→減容固化
 無機汚泥→乾燥造粒固化
 有機汚泥→脱水
▼再生化
 燃料チップ、RPF、再生砕石、人工砂、改良土、堆肥化などに再生
 →発電用燃料として売却、土木会社、製紙工場等に販売
品質向上に
向けて
・事故発生ゼロを目標に掲げ、安全衛生推進委員会の継続的な開催による作業改善及び定期巡回、現場における毎朝ミーティング時のKY活動(危険予知)を実施している
マニフェスト
管理について
・マニフェスト制度では、排出事業者が適正処理完了を確認する具体的な方法を明確にしています。
アピール
ポイントは
・2005年3月:破砕施設によって生成する再生砕石(RC40-0)が第1回長野県『信州リサイクル製品に認定される
表彰歴など

会社情報

情報開示

■産廃情報ネット

自社ホームページ

事業内容 産業廃棄物の収集・運搬・処理・処分業
一般廃棄物の収集・運搬
土木工事業
建設用資材の販売
とび・土工・コンクリート工事業
建物及び建築物の解体工事業
下水管・貯水槽・汚水処理施設他各種清掃・洗浄業務
ドライブインの運営
本社所在地 390-1242 長野県松本市大字和田4709番地
TEL 0263-40-0530
設立 1995
代表者 横沢 英樹
資本金 3000
売上高 32億2310万円
従業員数 86
ドライバー数 15
車両台数 41
事業所 【本社】
〒390-1242 長野県松本市大字和田4709番地
【今井工場】
〒390-1131 長野県松本市大字今井4957番地
【和田事務所】
〒390-1242 長野県松本市大字和田4709番地
関連会社 株式会社エコロジカル・サポート
株式会社環境科学
株式会社フロンティア・スピリットE・P・S
株式会社エコループ・トランスポート
清水口建設株式会社
対応品目
対応エリア 収集運搬:長野県内全域を中心に隣接県まで行っています。※地域により対応可否が異なるため、事前に必ずご連絡ください。
処理方法 ▼処理
 木くず、コンクリートがら、アスファルトがら、廃石膏ボード→破砕処理
 燃え殻→焼成
 廃プラスチック、木くず、繊維くず→減容固化
 無機汚泥→乾燥造粒固化
 有機汚泥→脱水
▼再生化
 燃料チップ、RPF、再生砕石、人工砂、改良土、堆肥化などに再生
 →発電用燃料として売却、土木会社、製紙工場等に販売

ログイン