廃棄物処理・リサイクル「安心・安全」の全国ネットワーク

Tel03-5643-7222

お気軽にお問い合わせ下さい
平日9:30~17:30

株式会社オイルプラントナトリ

宮城 / 収集運搬~中間処理~再資源化(液状廃棄物)

廃棄物の収集運搬から 成分分析・処理 そして再資源製品化まで・・・。 天ぷら油のBDF化から、 工場の液状廃棄物などを 安全かつ迅速にリサイクルを 行うプロフェッショナル企業です。

編集部よりひとこと

宮城県を拠点に、各種工場・自動車整備工場やガソリンスタンドから発生する多種多様な液状廃棄物のリサイクルを得意にする会社。社員研修も徹底して実施すると同時に、BDFの燃料化にも全国に先駆けて始めている。地球環境の改善(CO2削減)に取り組みつつ、福祉団体に作業プレハブを寄付するなど地域貢献にも積極的。雨の日でも油膜が滲まないほど清掃の行き届いた場内は一見の価値あり。今後はその優れた技術・ノウハウを全国に展開していって欲しい。

コンプライアンス ★★★★★
情報開示 ★★★★★
環境保全への取り組み ★★★★★
品質向上への取り組み ★★★☆☆
労働安全衛生管理 ★★★★★

液状廃棄物のリサイクルは当社にお任せ下さい

BDFプラントを管理している生産部の 尾形さんです。
飲酒運転根絶のため、酩酊メガネで飲酒状態を体験し通常歩行出来るか実験しました。
マニフェストは各部署で管理しています。 (こちらは営業部)
年四回の社内研修に合わせ、定期的に 地域清掃活動を実施しています。

スタッフからのメッセージ(動画)と 新着情報

3月17日
東日本大震災による津波被害を被りましたが、災害対策本部を立ち上げBCP(事業継続計画)に基づき、工場の復旧を図っております。最新の情報につきましてはオイルプラントナトリのHPをご覧ください。

ESJマネージャーより

「環境保全と省エネルギー」の為、廃棄物をエネルギーに変える創業時の理念の基、自然環境との共生、そしてクリーンな視点に立った姿勢で事業に取り組んでいます。また、低炭素社会への貢献として、使用済みてんぷら油からバイオディーゼル燃料を製造し、1年間を通じて収集運搬車両や工場内車両に使用しています。さらに、2つの新規事業に取り組み、これまで以上に信頼され、求められる企業を目指してまいります。

連絡先
(ESJマネージャー)

環境管理責任者 渡辺孝夫までご連絡ください。
TEL:022-382-2713
Email:twatanabe@opnatori.co.jp

処理・リサイクル情報

排出状況の例 ■ガソリンスタンド、自動車整備工場から排出される廃油・エレメント・LLC
■各種工場から排出される廃油・廃酸・廃アルカリ・溶剤・汚泥・廃プラ
■従業員食堂・レストラン・病院などから排出される廃食油(天ぷら油など)
■一般家庭から排出される廃食油(行政により回収された物)
主要取引先 ・秋田エプソン ・アルプス電気 ・曙ブレーキ ・イオン ・岩手東芝エレクトロニクス ・NOKグループ ・NECグループ ・ケーヒン ・JX日鉱日石エネルギー ・ソニーグループ ・ティービーアール ・トヨタ自動車東日本 ・東北エプソン ・東亜合成 ・東京エレクトロン ・日東電工 ・日本製紙 ・日本ケミコン ・パナソニック ・三菱マテリアル ・リコーグループ ・YKK APなど
処理・
リサイクルは
どのように?
【廃オイル】油水分離し、再生重油にします。
【水溶性廃液】工業用水として利用できる状態に混合処理し、再利用します。
【LLC】工業用水として利用できる状態に混合処理(混合から中和)し、再利用します。
【廃酸・廃アルカリ】工業用水として利用できる状態に中和処理し、再利用します。
【エレメント・汚泥・廃プラ】補助燃料や補助原料として再資源化し、再利用します。
【廃食油】ごみ(異物)を除去し、独自開発の再生プラントで燃料化(BDF)します。※26キロリットル/月。自社内の車の殆どはこれで動いています。再生品は行政にも販売し、昨年実績では宮城交通のバスや名取市の福祉バスなどにも利用されました。
品質向上に
向けて
危険物の取扱い資格(危険物取扱者免状)を全社員(女性含む)が取得しています。
ISO14001の内部監査員資格を社員の40%が持っています。全社員の社員研修を15年ほど前から年4回実施しています。(テーマ:交通安全、漏洩訓練、法令遵守、人材育成、マナー、安全衛生など)自社のみならず、協力会社を含めての合同研修も実施しています。販売している再生品・リサイクル品の品質維持のため、納入業者との協定を結んでおり定期的に成分分析を行なっています。バイオエコ燃料については全国でもトップクラスに入る品質まで向上し、1年を通して収集運搬車両で利用しています。
マニフェスト
管理について
専任の担当者を設置し、独自に開発したシステムで管理を行っており、電子マニフェストにも対応出来ています。なお、弊社では運転手を含め全社員が社内パソコン教育を受けており、回収者各人がマニフェスト内容を入力し、生産部では検量データの入力をおこなうなど、全社員がパソコンを利用する事が出来ます。また、マニフェストと生産管理システムを連携させており、排出事業者ごとに廃棄物が管理しやすいよう、「廃棄物管理カード」を独自に発行し、法の遵守に努めています。
アピール
ポイントは
弊社は「もったいない」をモットーに環境目標に掲げ、お客様のニーズに対応できるよう有効利用活動に取り組んでいます。社内研修時には、各部から提案され継続的に改善された活動に対して、個人やグループに表彰を行っています。
また、リスクアセスメントに取り組み、工学的な管理策でリスク低減できるものは積極的に取り入れています。しかし現場作業の中には危険が沢山ありますので、定期的にKYTを行い安全衛生パトロールや内部監査員によるパトロールを実施し、リスク低減を図っています。その他では、工場内にライブカメラ2台設置し、夜間や休日の災害時における廃棄物置場を遠隔操作し確認が出来るようにしています。
工場見学の受入は、環境教育やBCPの取組などを目的として引き受けております。
表彰歴など 県知事より、女性の登用、職域拡大部門賞として“ポジティブ・アクション推進事業”表彰。
優良危険物関係事業所表彰(消防庁長官:危険物安全管理・保安の推進)。
名取市よりバイオディーゼル車寄付に関する感謝状、社会福祉法人よりの感謝状など多数。

会社情報

情報開示

自社ホームページ

事業内容 ■特別管理産業廃棄物処分業
■産業廃棄物収集運搬業
■特別管理産業廃棄物収集運搬業
■地下タンク・地下埋設配管定期点検事業者
■石油製品販売業者
本社所在地 本社 :宮城県名取市増田三丁目4番3号 、 事業所:宮城県名取市下増田字広浦52番3号
TEL 代)022-382-2713(事務所)
設立 創 業:1957年3月 、 法人設立:1988年4月
代表者 武田 洋一
資本金 3,000万円
売上高 6億2,000万円
従業員数 42名
ドライバー数 14名
車両台数 20台
事業所 第一工場:宮城県名取市下増田字広浦35番48号
第二工場:宮城県名取市下増田字広浦52番3号
関連会社
対応品目 (収集運搬)廃油 ・ 廃酸 ・ 廃アルカリ ・ 汚泥 ・ 廃プラスチック類・紙くず ・木くず ・ 繊維くず ・ ゴムくず ・ 金属くず・ガラスくず コンクリートくず 及び 陶磁器くず ・ 鉱さい・がれき類 ・ 燃えがら ・ ばいじん ・ 動植物性残さ
(中間処理)廃油 ・廃酸 ・ 廃アルカリ ・ 汚泥 ・ 廃プラスチック類・紙くず ・ 木くず ・ 繊維くず ・ ゴムくず ・ 金属くず・ガラスくず コンクリートくず 及び 陶磁器くず ・ 鉱さい・がれき類
※事前に必ずお問い合わせください。
対応エリア 宮城県をはじめとする東北地方一円~関東に対応
※事前に必ずお問い合わせください。
処理方法 油水分離、混合、中和、破砕、圧縮、燃料化
※事前に必ずお問合わせください。

ログイン